プロフィール

初めまして、ブログ「Ichikawa Life Style」を運営しています「いちくん」と申します。

当ブログにお越しくださりありがとうございます。ここでは、運営者「いちくん」のプロフィールと当ブログについて紹介させていただきます。

スポンサーリンク


-

運営者について

運営者:いちくん

千葉県市川市在住の30代です。学生時代に市川市に住んでいたことがきっかけで市川市が大好きになりました。

社会人になり、転勤で市川を離れましたが、東京勤務で東京に戻ってきてからは、やはり市川の街に住みたい願望が強く、市川で部屋を探して、そのまま市川に住み続けています。

今では、念願のマイホームも市川に購入し、今後も市川でずっと暮らしていきたいと思っています。

家族は妻と2人の子供の4人家族です。平日は朝から子供と格闘し、保育園へ送り届けてから仕事に向かう生活です。休日は子供達と出かけるのが、楽しみで、毎週どこかへお出かけして過ごしています。

趣味は食べ歩き、飲み歩き、テニス、スポーツ観戦、旅行、子供、と言った感じです。基本的には、「楽しく日々暮らし、楽しく日々働き、楽しく日々食事する」生活を送っています。

ハンドルネームの「いちくん」は単純ですが、「市川市」の「いち」から勝手につけさせていただきました。

スポンサーリンク

当ブログ(Ichikawa Life Style)について

大好きな市川の街に住むにつれて、市川の情報を全国に発信できるブログを作ってみたいという思いが強くなってきました。

市川の美味しい店で食べるだけではなく、情報として発信したい。市川のイベントに参加するだけでなく、情報として発信したい。市川に住むだけでなく、暮らしを情報として発信したい。市川で子育てをするだけでなく情報として発信したい。

その情報が市川市民の皆さんはもちろん、全国に市川市という場所がどんなところか知ってもらえるきっかけになればと思って2018年9月にブログを設立しました。

市川市の地域情報Webマガジンのようなサイトになれば、いや、そうなるように日々情報を発信していきたいと考えています。

ブログの更新は、日中、仕事をしていますので、夜に記事を書いて、次の日の日中に予約投稿しています。夜かける記事数も限られていますので、日によって更新記事数もバラバラです。

ブログ初心者のいちくんですし、設立して日の浅いブログですのでお見苦しい点もたくさんあると思いますが、今後もお付き合いいただければ幸いです。

>>当ブログのプライバシーポリシーはこちら!

グルメ・スイーツ

市川市内のグルメやスイーツ、カフェなどの情報を発信しているカテゴリーです。食べて美味しかったお店、おすすめのお店などの紹介をしています。

>>グルメ・スイーツ情報

観光・イベント

市川市内の観光スポットや遊びスポット、イベント、祭りなどに行ったときのレポートをまとめているカテゴリーです。なお、市川市内で行われるイベント告知などは市川ニュースのカテゴリーで紹介しています。

>>観光・イベント情報

生活・暮らし

市川市内のショップや暮らしに便利な情報などをまとめているカテゴリーです。

>>生活・暮らし情報

保育園

いちくん世帯は共働き世帯です。保育園選びに苦労しました…。全国でもトップクラスの待機児童を抱える市川市ですので、希望の保育園に入れる可能性は非常に低いのです。

そんな保育園選びの参考になればと市川市の保育園一覧を作成中です。随時更新していきます。各保育園の記事内容も今後もっと充実したものになるように追記していきたいと思っています。

>>市川市保育園一覧

市川ニュース

市川市に関するニュースや市川市で行われるイベント告知などは、この市川ニュースで紹介しています。

いちくんが気になった市川市に関するニュース、イベント告知を配信していますので、のぞいてみてください。

>>市川ニュース

スポンサーリンク

今後の夢(どうせブログをやるのであれば)

市川市には梨であったり、夜景100選にも選ばれたアイリンク展望台の夜景であったり、江戸川花火大会であったり、葛飾八幡宮であったり、行徳神輿であったり、魅力的な食や場所、伝統があるのですが、全国的にはあまり知られていません…。

どうせブログをやるのであれば、このブログから全国に誇れる、「市川といえば〇〇」と言えるようなものを生み出したいと考えています。

それは、食べ物(B級グルメ)でも、場所でも、イベントでも、何でも良いのですが、全国の誰もが知ってる「市川といえば〇〇」の〇〇をこのブログを通して作って行けたらと考えています。

今はボヤっとしたイメージですが、市川市民、市川市の企業、行政含め、何かしら大きなものを作りあげたいと思っています。

この計画、10年計画で進めていきます。それがいちくんのブログを通しての夢であります。