2020年2月24日の午前中に船橋市にあります工場から出火し、大きな黒煙が目撃されました。

その後の各報道によると、工場は休業日で従業員の出勤がなかったため、けが人はいないとのことです。

けが人ゼロは本当に良かったです。

あれだけの黒煙が立ち上ると周囲の住民は非常に不安だったでしょうね…。

また、東関道にはすごい煙が覆いかぶさっていたようで、事故に繋がらなくて本当に良かったです。

スポンサーリンク

船橋市の工場大火災のニュース!

24日午前、千葉県船橋市にある鉄製パイプの製造メーカーの工場で火事があり火はおよそ5時間後にほぼ消し止められ、けが人はいませんでした。

24日午前10時すぎ、千葉県船橋市栄町で「黒い煙が上がっている」という通報が複数あり、消防車など合わせて24台が消火にあたり、およそ5時間後にほぼ消し止められました。

警察などによりますと火が出たのは鉄製パイプの製造メーカー、「東洋電業」の工場の一棟で、24日は休業日で従業員は出勤しておらず、けが人はいませんでした。

現場は船橋駅から南西におよそ1.5キロの工場や住宅が密集する地域で、この火事の影響で一時、黒い煙が近くを通る東関東自動車道を覆うように上空まで上がっていました。警察や消防が火事の原因を詳しく調べています。

引用>>NHK NEWS WEB

東洋電業の工場が火災被害に!

この東洋電業は、創立が1954年(昭和29年)の鋼管の専業老舗メーカーです。

本社と主要工場の1つが船橋の今回火災のあった場所にあり、お客様の要望を的確かつ迅速に応じ、数々の鋼管を生産している会社です。

近年の実績までは、把握できておりませんが、ホームページを見ると、2016年時点では自己資本81億強、自己資本比率も78.3%とかなり優秀な企業のようです。

そんな企業の工場が火災の被害にあってしまったようです…。

原因は今のところわかっていません。

スポンサーリンク

実際に火災の動画や写真など!

 

 

かなり遠くからも煙の様子が確認されています…。

 

 

こんな近くで、こんなに煙が立ち込めていると、かなり恐怖感がありますね…。

スポンサーリンク

火災のあった東洋電業の場所はどこ? 


(東洋電業のマップ)

東関道沿いに位置する東洋電業。

市川市民もよく知っている道ではないでしょうか。イオンやコストコ、ららぽーとなどに行く際に通る方も多い道ですね。

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事