事件のアイキャッチ




市川市の青果店でニラとスイセンを間違えて販売してしまい、市川市の家族3人が嘔吐などの症状を訴えているというニュースが流れています!

販売してしまったスイセンはまだ未回収のものもあり、購入した人は食べないように、注意喚起がなされています。

スポンサーリンク

市川市のニラとスイセン間違い販売のニュース!

今月、千葉県市川市の青果店で毒のある植物をニラと間違えて販売し、購入して食べた家族3人がおう吐などの症状を訴えていたことが分かりました。

保健所は業者に回収を命じるとともに、買った人は絶対に食べないよう注意を呼びかけています。

千葉県によりますと、今月21日、市川市の住民から「青果店で購入したニラを家族3人で食べたら全員がおう吐した」と、市川保健所に連絡が入ったということです。

保健所が調査したところ、市川市東菅野の青果店「たじま屋」で今月11日から14日ごろにかけてニラとして販売されたものが有毒のスイセンだったことが分かったということです。

これは青果店近くの雑木林で刈り取られたもので、市川保健所は25日、販売業者に回収を命じましたが、9束のうち5束が回収できていないということです。

千葉県はこのスイセンを買った人は絶対に食べないこと、もし、おう吐などの症状が出ている場合には、すみやかに医療機関を受診するよう呼びかけています。

引用>>NHK NEWS WEB

ニラとスイセンの違いと見分け方!

ニラとスイセンのよく似た画像

(引用>>NHK NEWS WEB

ニラとスイセン、確かに緑の部分のみを見ると、消費者は違いがわかりませんね…。

スイセンは美しい花を咲かせますが、リコリン、タゼチン、ガランタミン、シュウ酸カルシウムと言った有毒物質を含む植物です。

本記事執筆時点で、販売されたスイセンの回収が全て終わっていないとのことで、下記販売店で購入された方は注意が必要です。

無包装の束で青いテープに白字で「新鮮やさい Fresh Vegetables」と書かれているそうです。

見るだけではわからない、ニラとスイセンの見分け方は切った時の臭いが全然違うようですね!

ニラもスイセンも切らないとほとんど臭いは無臭に近いのですが、ニラは切ったときのニラ独特の臭いがします。

スイセンは切っても、無臭に近いのだそうです。これが素人でもニラとスイセンを見分けられる簡単な方法とされています。

ちょこちょこと全国的にニラとスイセンを間違えて食べて食中毒を起こすニュースが報道されていますが、ニラは調理時に臭いを嗅ぐ癖をつけておいたら間違いないかもしれません。

このスイセンとニラを間違えて食べて、命を落としたケースも全国では発生しています…。

幸い、千葉県ホームページでは、今回被害にあったご家族は快方へ向かっているとのことで、本当に良かった!

スポンサーリンク

市川市東菅野のたじま屋が販売…!

販売者

  • 販売者:田島 宏
  • 施設名:たじま屋
  • 所在地:千葉県市川市東菅野4丁目34番9号
  • 業種:野菜販売業

違反内容

  • 食品衛生法第6条第2号違反
  • 有毒食物(スイセン属)の販売

引用>>千葉県ホームページ

千葉県のホームページに公表されています。

このお店でニラを買ったこと記憶のある方は十分にご注意ください。

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事