《e-こども園》親に優しいサービスも展開!市川市にある保育型認定こども園!




平成27年に保育園から保育型認定こども園に移行したe-こども園。より質の高い保育を目指して、認定こども園への移行しました。

幼稚園と保育園の垣根を超えたエデュケアを実践しているこども園とはどんな保育施設なのでしょうか。

スポンサーリンク


-

e-こども園はどこにあるの?

→拡大地図で場所を確認したい方は、地図左上の「拡大地図を表示」をクリックしてください!

JR本八幡駅より徒歩5分の場所にあります。

e-こども園の基本情報!

e-こども園の基本情報をまとめています。

名称 e-こども園
住所 市川市南八幡4丁目14番4号
TEL 047-300-8850
FAX 047-300-8851
E-mail >>お問い合わせはこちらから!
運営団体 社会福祉法人 大五京
認可区分 認可:私立 認定こども園
設立 平成19年6月
開所日 平日、土曜
開所時間 7:00〜20:00
定員 90名
給食 あり
保育料金 市川市が定める保育料金(>>市川市の保育料金をみる
延長保育 あり
休日保育 あり
一時保育 あり
障害児保育 あり
病後保育 なし
子育て支援センター なし

(最新情報の記載に勤めておりますが、情報が古い場合もございます。最終的にはe-こども園のホームページ等でご確認ください!)

>>e-こども園ホームページはこちらから!

スポンサーリンク

e-こども園の「保育理念」等!

保育方針

私たち、e-こども園の『e』は、マタニティーママから幼児までの健康と教育のあらゆる面を支援サポートしたいという願いから“education”の頭文字である“e”から来ています。

お子さま一人ひとりの豊かな個性を大切にすると共に、アットホームな雰囲気をもつ集団の中で、興味と自発的な意欲により、集中力を高めた体験を通し、自信を持たせ、21世紀にふさわしい国際社会人への円満な人格の基礎を育みたいと考えております。

たくさんの良質経験から自信と知恵を、あらゆる場面での選択機会から個性を育て、いたわりの心、自立心、自主性をもった国際社会の一員に成長するようにサポートします。

引用>>e-こども園HP

e-こども園は平成27年に保育園から保育所型認定こども園へ移行した保育施設です。保育園と幼稚園の垣根がない育児のパートナーとしてありたりとの願いから認定こども園に移行されたそうですね。

保育方針を見ても、保育のみでなく、ちゃんと教育の一環として、施設を位置づけているのがよくわかります。

e-こども園の特徴は?

ネイティブイングリッシュ

乳児期の間に高音域である“英語の発音”をネイティブティーチャーがお子様方に語りかける事により、自然と“開かれた耳”が形成されます。

幼児期に一度やめたとしても、小学校での英語教育が始まる頃には、再び思い出し、ネイティブの発音が正しくできるようになります。

幼児期には、オプションとしてレッスンを受ける事ができます。(ネイティブイングリッシュの先生は保育にも入ってます。

引用>>e-こども園HP

英語を積極的に取り入れているようです。幼児期にオプションとしてレッスンも受けられるそうなので、英語教育に興味のある親にとっては非常に興味深いですね。

歌唱指導

月に一度、声楽の先生を呼んで、保育園でレッスンしてもらっています。保育者もピアノのレッスンを受けて、日々の練習につなげているのだそうです。

オープンスペース保育

子どもたちが自由な空間を作るよう、壁のないオープンスペースでの保育を実施しています。

ビュッフェランチ

3歳児以上のクラスで、e-こども園のお昼はビュッフェスタイルです。

ビュッフェランチは、周りの人達のことを考えながら、自分の分だけを取ります。取った分は、残さず食べるという、個々の決断と責任を自然に伸ばす機会のひとつになります。

また、ランチルームでは、異年齢の子ども達との関わりの中でマナーやいたわりの気持ちを育む大切な場ともなります。

ビュッフェスタイルで食事をする保育園も珍しいのではないでしょうか。

朝食、夕食などの提供

ここからは、働くパパママにとってはありがたいe-こども園の特徴です。

どうしても、早朝出勤や残業で、子どもへ朝食や夕食を提供できない時は、事前の申し込みで、保育園が園で提供してくれるサービスを行っています。

働きながら毎日の食事を準備をするのは、思っている以上に負担がかかります。どうしてもという際に利用できるので、非常にありがたいサービスです。

朝食:500円、夕食:700円、軽食:平日250円土曜400円。

離乳食の真空パック販売

親が忙しいときにレトルトの離乳食を使わなくて済むように、保育園で調理した安全な離乳食を真空パックにして販売しています。

これもありがたいサービスです。これは在園の子供たちだけでなく、地域の方々にも販売されているそうです。

1食350円。

一時保育や休日保育など

一時保育や休日保育の料金時間等についてはe-こども園へ直接お問い合わせください。

地域への育児支援

日々成長するお子様の発達過程は千差万別です。日常生活や同年齢の子ども同士の遊びなどを通して、お子様の成長や育児に疑問や不安を感じられたことはありませんか?

そのような方にご利用いただきたいのが「ほほほの会」です。
安心できる育児へのお手伝いをしていきたいと考えております。
保護者同士が自由な話をしながら気軽に子育てや日常生活の情報交換をする場所です。

また、看護師や保育士に相談をすることもできます。
小さなお子様が一緒でも遊ばせながら参加できます。マタニティーの方もどうぞお越し下さい。

*活動内容は、およそ生後6か月~1歳半までのお子さま対象となっております。

引用>>e-こども園HP

ほほほの会の様子e-こども園のホームページから確認できます。

>>ほほほの会の様子を見る!

 

e-こども園の園内の様子!

(本園>>引用:e-こども園HP

(分園>>引用:e-こども園HP

同じマンション内に本園、分園があります、1Fと2Fに別れています。

スポンサーリンク

 

e-こども園の口コミ情報!

e-こども園の口コミ情報を募集しています。

本サイトにコメントとして、搭載しても良いよという、パパ、ママからの口コミ情報をお待ちしております。

より良い市川Life実現のため、お子様の通う保育園の良いところを教えてください。

e-こども園と合わせて検討したい保育園は?

>>東大和田保育園

>>鬼高保育園

>>稲荷木保育園

>>杉の木保育園

>>いろはな保育園本八幡

>>ミルキーホーム本八幡みなみ園

>>保育ルームキューティー市川

>>いろはな保育園本八幡東

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事