里見公園は桜も有名ですが、5月〜6月にかけてはバラが見事に咲きほこり、多くの方がバラを見に出かける市川市内の有名薔薇スポットです。

バラの種類の多さでいうと、市川市内のバラが見られる場所ではNo1ではないでしょうか。

里見公園に入ると、噴水広場と呼ばれる西洋風の庭園がすぐ目に入り、そこが美しいバラ園になっているのです。

スポンサーリンク

 

里見公園のバラの場所とアクセスなど!


(里見公園の地図) 

名称 里見公園
場所 市川市国府台3-9
アクセス JR市川駅及び京成国府台駅よりバス「国府台病院」下車5分
バラの種類 スパニッシュビューティなど全112種 約700株
駐車場 あり(40台):無料
トイレ あり
備考 いちかわローズフェアー開催!

里見公園の案内図のバラ園部分を赤丸で示した写真

広い里見公園ですが、バラ園になっているのは、赤丸で囲った部分です。メインの入口からほど近い噴水広場と呼ばれているところです。

里見公園のバラ園!

里見公園のバラ園全体

(里見公園のバラ園全体)

里見公園バラ園の来園記念プラカード

(里見公園来園記念)

里見公園の噴水

(里見公園の噴水とバラ)

里見公園の噴水と薔薇

(里見公園の噴水とバラ)

こちらが里見公園のバラ園(噴水広場)です。

この噴水を中心にして、周囲にたくさんのバラが植えられています。バラの種類が112種、約700株ものバラです。

里見公園のバラ園のバラ

(里見公園のバラ園のバラ)

バラ園の中

(噴水広場の中)

天気の良い日にバラに囲まれたバラ園の中をのんびり歩くと、とても気持ちがよく、さらにバラの香りも漂い、心が癒されます。

里見公園の噴水広場のベンチ

(噴水広場のベンチ)

噴水広場のバラとベンチ

(ベンチとバラ)

里見公園の噴水広場には、たくさんのベンチがあります。このベンチに腰掛けて、美しいバラを眺められいる方も、たくさんいらっしゃいます。

ベンチに腰掛け、のんびりと美しいバラを眺め、ゆったりとした時間を過ごすのも、なかなか気持ちが良いですよ。

ローゼンハイムガーデン

(ローゼンハイムガーデン)

市川市とドイツ連邦共和国バイエルン州ローゼンハイム市とは2004年7月14日にパートナーシティとして締結しています。

これを記念にローゼンハイム市から「マリア・リサ」と呼ばれるバラが寄贈されたそうですね。

今では、ドイツ産のバラをこのローゼンハイムガーデンに集めて整備されています。

また里見公園のバラは、昔、市川駅北口駅前にありましたバラサンクンガーデンを小規模ですが再現して、当時流行った品種の配置などを行っているようです。

スポンサーリンク

 

里見公園のバラの種類はどんなのがあるの?

ローズいちかわ

(ローズいちかわ)

ローズいちかわ
ローズいちかわは市川市民により選ばれた市川市オリジナルの中輪のバラです。
色はピンク色で、背の低い株に全体を覆い尽くすように咲き乱れる花つきの多さが魅力的なバラです。

 

うらら

(うらら)

うらら
シーズンを通してよく咲き続けるバラで、株は強く葉は厚みがある中輪のバラです。
鮮やかばショッキングピンク色をしており、華やかさが感じられる日本のバラです。

 

里見公園のアンダルシアン

(アンダルシアン)

アンダルシアン
ビロードのような光沢を持った花が照葉に映えます。
耐寒性にも優れているドイツのバラです。

 

里見公園のフレグラントアプリコット

(フレグラントアプリコット)

フレグラントアプリコット
やわらかいアプリコットの花色とややウェーブのかかったやさしい花形が調和しています。
アメリカのバラで香りは強香です。

 

里見公園のスパニッシュビューティという品種のバラ

(スパニッシュビューティー)

スパニッシュビューティー

20世紀を代表するつるバラ。香りもよく大輪の花が房咲となる。

別名マダムグレゴワール・シュテシュランと呼ばれ、スペインのバラです。

 

里見公園のエミールノルデという品種のバラ

(エミールノルデ)

エミールノルデ

花もちの良い花を、少しうつむくようにして、沢山咲かせます。

花名は北ドイツの画家にちなんだ名前で、ドイツのバラです。

 

里見公園の真珠貝という品種のバラ

(真珠貝)

真珠貝
花芯に淡いピンクを残す白花の多花性品種の日本のバラです。
育成環境によっては、淡く桃色で咲くことがあります。里見公園真珠貝は淡い桃色ですね。

 

里見公園のプリンセスアイコという品種の薔薇

(プリンセスアイコ)

プリンセスアイコ

敬宮愛子内親王殿下のご誕生を祝して名付けられたバラです。

花付きが素晴らしく多く、花弁が開いてゆく様子が優雅でとても美しい。

 

里見公園のブルーバユーという品種のバラ

(ブルーバユー)

ブルーバユー
中輪系では数少ない藤色の品種で、多花性です。
既存の紫系品種の中でも特に青みが強く幻想的な雰囲気をかもしだしています。

 

里見公園のコティヨンという品種のバラ

(コティヨン)

コティヨン

やさしい色合いが美しいアンティーク調の花が咲きます。

中輪主としては香りも十分に楽しめる多花性種です。アメリカのバラです。

 

里見公園のチャールストンという品種のバラ

(チャールストン)

チャールストン
花色は黄色から陽を受ける部分が紅色に変化していく色変わり品種です。
中輪系の中でも次々と咲き、とても丈夫で育てやすいフランス産の銘花です。

 

里見公園では、大小様々なバラを楽しむことができます。当然ここのブログでは紹介しきれないですので、是非足を運んで見てくださいね。

里見公園のバラを見にいく際の駐車場、駐輪場やトイレ情報!

駐車場

里見公園の駐車場

(里見公園の駐車場)

里見公園の駐車場は江戸川沿いに約40台停めることのできる無料駐車場があります。

駐輪場

里見公園の駐輪場

(里見公園の駐輪場)

里見公園は専用の駐輪場もありますので、自転車で行ける範囲の方は、自転車で行くことも可能です。

トイレ

里見公園の1号トイレ

(里見公園のトイレ)

里見公園には4箇所トイレがありますので、トイレに行きたくなっても安心です。

スポンサーリンク

 

まとめ:里見公園のバラは種類が豊富なのが魅力的!

里見公園には、冒頭でも書きましたが、112種ものバラが植えられています。

これだけの種類があるのは、市川市内で里見公園のみです。(大町バラ園よりも種類は多いそうです!)

また、噴水広場にバラがコンパクトにまとまっていますので、西洋の庭園に来たかのような錯覚にも陥り、非日常を感じることもできますよ。

バラが見られる期間は結構長いので、お時間のできた際には、里見公園へお出かけして見てください。

里見公園のバラの記事を読んだ方はこちらの記事もオススメです!

▽里見公園のバラの記事を読んでいただいた方には、こちらの記事もオススメです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事