市川市内30代女性はしか感染ニュースのアイキャッチ




先日、市川市内の乳幼児の麻しん(はしか)の発症が確認されましたが、今度は30代の女性も発症したと千葉県からリリースされました。

▽乳幼児のはしかに関してはこちらの記事をご確認ください。

 

今回の30代女性は感染可能期間に公共交通機関も利用していたとのことで、感染力の強い麻しん(はしか)ウイルスが広がっている可能性もあります。

同じ交通経路、区間も合わせて下記に記載いたしますので、同じ電車に乗っていた方で、発熱や咳、くしゃみ、鼻水、結膜充血などの症状がみたれた場合、早めに医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク


-

市川市30代女性の麻しん(はしか)感染の概要!

平成31年2月21日 発症(悪寒)
平成31年2月24日 発熱、発疹を確認。
平成31年2月25日 市川市内医療機関Aを受診
平成31年2月26日 遺伝子検査により麻しん(はしか)陽性と判明。
市川市内医療機関Aより市川保健所が発生届を受理。

悪寒がして、発熱や発疹が出てくるまでに結構時間がかかるんですね。

初期症状だと、鼻水、くしゃみ、咳などの症状が出てくるようで、なかなか麻しん(はしか)だと気づかないケースもあるのかもしれません。

特に、この時期は花粉も飛び始めて、花粉症の人は、鼻水、くしゃみなどが止まらない季節です。

はしかであっても気づくのが遅くなりがちですね。

30代女性はしか患者の公共機関利用履歴!時間、区間など!

平成31年2月20日
平成31年2月21日
午前5時頃発:都営新宿線「本八幡→九段下」、田園都市線・半蔵門線「九段下→駒澤大学」

午後9時頃発:田園都市線・半蔵門線「駒澤大学→九段下」、都営新宿線「九段下→本八幡」

平成31年2月22日 午前5時頃発:都営新宿線「本八幡→九段下」、田園都市線・半蔵門線「九段下→駒澤大学」

午後11時頃帰宅

平成31年2月23日 午前8時半頃発:都営新宿線「本八幡→九段下」、田園都市線・半蔵門線「九段下→駒澤大学」

午後8時半頃発:田園都市線・半蔵門線「駒澤大学→九段下」、都営新宿線「九段下→本八幡」

平成31年2月24日 午前9時頃発:都営新宿線「本八幡→九段下」、田園都市線・半蔵門線「九段下→駒澤大学」

午後4時半頃発:田園都市線・半蔵門線「駒澤大学→九段下」、都営新宿線「九段下→本八幡」

上記経路は千葉県HPより参考させていただきました。

同じ時間帯、同じ区間に乗車していた方は患者と接触している可能性も高いので、発熱などの症状が出たら、気をつけましょう。

スポンサーリンク

30代女性の麻しん(はしか)感染経路は?

先日の乳幼児のはしか発症のケースでは、ベトナムへの渡航歴があり、ベトナムでの感染が濃厚のようです。

 

今回のケースは現在調査中となっていますので、確認でしたら、こちらでもお知らせいたします。

はしかは本人が悪いわけでもなく、感染してしまうので、当然のことながら、患者本人を攻めるわけにもいきません。

現在千葉県内ではしか患者も増えてきていますので、予防接種など、自分で対応できることはやっておきたいものですね。

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事