お金が積まれた様子




行徳神輿がクラウドファンディングに挑戦して、資金調達を行なっています。

資金は行徳を盛り上げるためのイベント運営資金として、活用されます!

市川市が誇る、行徳の神輿!市民みんなで応援して支援してみませんか?

少額支援が可能なクラウドファンディングですので、是非応援をお願い致します。

スポンサーリンク

 

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングの図式

(クラウドファンディング:引用>>CAMPFIRE

 

クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、

「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことを指しています。

資金調達といえば、一般的に金融機関からの借入や関係者・ベンチャーキャピタルによる出資などがあげられます。

クラウドファンディングは、そういった資金調達にはない「手軽さ」や「拡散性の高さ」、「テストマーケティングにも使える有用性」

といった点が魅力的な新たな資金調達の仕組みとして近年注目されています。

中でも、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、

それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、

双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえます。

引用>>CAMPFIRE

 

昔は何か新しいことを始めたり、事業を行うとなると、資金調達は銀行やリース、ベンチャーキャピタルなどを利用するケースがほどんどでした。

しかし、ここ最近はすっかり定着したクラウドファンディングを利用して、資金調達をして、事業に取り組むケースが増えてきましたね。

少額から支援できるのも、支援する方からしても取り組みやすく、うまい仕組みができてるな、と感心してしまいます。

市川市でいうと八幡にあります「夢茶房」という就労継続支援B型事業所のカフェがクラウドファンディングで資金調達し、オープンしました!

 

事業を行う上で、少しの資金を調達する方法として定着しているクラウドファンディングに行徳神輿がチャレンジしています。

スポンサーリンク

 

なぜ行徳神輿が資金調達?

なぜ、行徳神輿が資金調達をしているのでしょうか?

それは、「しる・みる・もむ行徳神輿2019」というイベント開催のために資金調達を行なっています!

今回初開催となるこのイベントですが、行徳の神輿について、歴史について、学ぶことができ、また神輿を担ぐ体験もできるイベントです。

 

行徳ならではのイベントですね。

イベントを開催するのにも資金が当然必要ですよね。その資金をクラウドファンディングで調達すべく、頑張っておられます。

行徳神輿のクラウドファンディングの内容!

名称 お神輿づくりの町行徳を「しる・みる・もむ」イベントで盛り上げたい!!
調達額 目標額:300,000円
募集期間 2019年11月24日まで
支援額
  • 1500円1口から
  • 2500円1口から
資金使途
  • 展示物費用(お神輿の借用代):約14万
  • 展示用パネル・案内ボード制作など:約4万
  • ポスター・チラシ作成:約8万
  • お神輿搬入車両費:約4万
  • クラファン手数料:17%+税
詳細 プロジェクト内容の詳細はこちらから!

1,500円から支援可能です。

本記事執筆時点にて、目標金額の20%の金額が支援されています。

是非、市川が日本全国に誇れる行徳神輿のイベント「しる・みる・もむ行徳神輿2019」が成功するようにご協力をお願い致します。

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事