天空の文化祭公演の部の様子




毎年2月に開催されている「天空の文化祭」とはどんな文化祭がご存知ですか?

市川市芸術文化団体協議会加盟団体による作品の展示や合唱やコンサートなどが催される文化祭です。

ザ・タワーズウエスト45階にあるアイ・リンクタウン展望施設で開催されているので。「天空の文化祭」となっています。

毎年2月に開催しています。今回は2019年2月に行われた文化祭に少しだけ顔を出しましたので、紹介します!

スポンサーリンク

 

天空の文化祭の概要。場所とアクセスなど!

天空の文化祭のパンフレット

(天空の文化祭パンフレット)

名称 天空の文化祭
場所 ザ・タワーズウエスト45階アイ・リンク展望施設
住所 市川市市川南1丁目10−10 
期間 毎年2月中旬頃開催!(2019年は2月15日〜2月17日)
時間 下記プログラム参照
入場料 無料
展示部門 市川市花道協会、市川市手工芸連盟、市川市写真連盟、市川市俳句協会
  装道礼法きもの学院千葉県認可連盟市川支部、芳香社、宗左近、蕊の会
公演部門 市川交響楽団協会、市川オペラ振興会、市川市合唱連盟、市川民話の会
  市川市洋舞踊協会、市川芸能協会、宗左近、蕊の会
主催 市川市芸術文化団体協議会
共催 市川市
後援 (公財)市川市文化振興財団
協賛 山崎製パン株式会社、塚本建材株式会社

天空の文化祭 公演の部!

天空の文化祭公演の部の様子

(天空の文化祭公演の様子)

上記概要でも記載いたしました各団体が合唱や舞踊、民話などを披露しています。大勢の方が見にきていましたよ。

下記、参考に2019年の天空の文化祭のプログラムをご紹介します。

初日、二日目のプログラム

(初日、2日目のプログラム)

初日プログラム

時間 13:30〜
団体 コールエコー女声合唱団(市川市合唱連盟)
演目 花のまわりで、なごり雪、春の日の花と輝く etc.
時間 14:00〜
団体 エコー・フキジマ(市川市合唱連盟)
演目 早春賦、静かな雨の夜に、風といっしょに etc.

2日目プログラム

時間 14:30〜
団体  アンサンブル・じゅんさい(市川市合唱連盟)
演目 三つの春の唄、Ave Maria、時代 etc.
時間 15:00〜
団体 千翠会/創作日舞(市川市芸能協会)
演目 越後獅子、花笠真室川、河太郎、御祈祷三番
時間 15:30〜
団体 光江流かっぽれ/かっぽれ(市川市芸能協会)
演目 伊勢音頭、深川、奴さん、かっぽれ
時間 16:00〜
団体 クラリネットアンサンブル(市川交響楽団協会)
演目
時間 16:30〜
団体 市川の民話を聴こう①(市川民話の会)
演目 おとめぎつね(高谷)、ぼろきて奉公(宮久保) etc.

最終日プログラム

天空の文化祭最終日のプログラム

(最終日プログラム)

時間 13:30〜
団体 女声合唱団さんさしおん(市川市合唱連盟)
演目 Duo Seraphim clamabant、夜空ノムコウ etc.
時間 14:00〜
団体 市川の民話を聴こう②(市川民話の会)
演目 涙石(真間)、いんねんのじゅえむどん(北方) etc.
時間 15:00〜
団体 三沢モダンバレエジャズダンススタジオ
すみれバレエクラシック
(市川市洋舞踊協会)
演目 Let's enjoy Summer、ワルツィングキャット etc.
時間 16:00〜
団体 宗左近、蕊の会
演目 「宗左近の詩の朗読と語り」
時間 17:00〜
団体 市響フェアリーズ(市川交響楽団協会)
演目 アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク etc.
時間 18:00〜
団体 市川オペラ名曲コンサート(市川オペラ振興会)
演目

(天空の文化祭最終日の様子)

市響フェアリーズ

(市響フェアリーズ)

写真は最終日の17:00〜の様子です。素敵な音楽に包まれながら、展望台からの景色を見るのも、何とも言えない心地よい空間でした。

それにしても、結構な来客数がありました!

スポンサーリンク

 

天空の文化祭 展示の部

展示されているものも見たかったのですが、今回、見れなかったので、市川市の公式ツイッターより引用させていただきます。

生け花や手工芸、写真、俳句、帯結び、墨彩画が展示されています。

まとめ:地上150mでの文化祭は景色も含め、最高です。

(天空の文化祭) 

もちろん、公演内容や作品展示も素晴らしいですが、このような音楽を聴きながら、地上150mの市川の街を眺めるのも、本当に癒されます。

毎年開催される天空の文化祭ですので、行ったことがない方は是非、一度足を運んで見てくださいね。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事