ミッキーマウス

ディズニーランドディズニーシーのチケットの値上げが発表されました!

2020年4月から1dayパスポートが大人8,200円とこれまでの値段よりも700円も値上げになるようです。

ディズニーランドのチケット値上げは定期的に行われているので、特段、驚くことではありませんが、700円も上げるのは、過去最高の上がり幅になっています。

ディズニーランドとディズニーシーのチケット値上げのニュース!

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの大人と中高生の入場チケットが、ことし4月から値上げされます。

1デーパスポートの価格は、大人で7500円から8200円になります。

施設を運営するオリエンタルランドによりますと、値上げは4月1日からで、利用者が最も多い有効期限が1日の「1デーパスポート」は、

18歳以上の大人が7500円から8200円に、中学生と高校生が6500円から6900円に上がります。

4歳から小学生の料金については4900円に据え置きます。

入場チケットの料金は、消費税率の引き上げに合わせて去年10月にも上がりましたが、それを除けば4年ぶりの大きな値上げになります。

値上げの理由について会社では「新しいアトラクションの導入やスタッフの教育などで価値の向上に努めてきたので、それに見合った料金に改定します」とコメントしています。

引用>>NHK NEWS WEB

 

大人料金がプラス700円で、中高生がプラス400円のようです。4歳からの小学生までは、据え置きとのことで、これは良かった!

また、同時に、「アナと雪の女王」のアトラクションに関しては、デザインなどに時間がかかっているとして、開業の延期が発表されています。

2023年度を見込んでいるようです。

本国とのディズニーとの調整も本当に大変そうですね…。想像しただけでゾッとします。

オリエンタルランドの担当者様、ご苦労様です。

ディズニーランドの値上げの歴史!

冒頭でも、お伝えしたように、ディズニーランドの値上げ自体は、特に驚くことではありません。

ちょっと参考までに、ディズニーランドの1dayパスポートと年間パスポートのチケット値段の推移をご紹介します。

ちなみに、こちらの紹介している値段は大人チケットの値段です。

1デイパスポートの値段の推移

値段上がり幅
1982年3,900円
1987年4,200円300円
1989年4,400円200円(消費税up)
1992年4,800円400円
1996年5,100円300円
1997年5,200円100円(消費税up)
2001年5,500円300円
2006年5,800円300円
2011年6,200円400円
2014年6,400円200円(消費税up)
2015年6,900円500円
2016年7,400円500円
2019年7,500円100円(消費税up)
2020年8,200円700 円

開園当初からの値段に比べると、今回の値上げで約210%も値上がりしていることになりますね。

時代の物価もありますから、一概には値段だけで見るのもおかしいとは思うのですが、かなり値上げしているご様子です。

年間パスポートの値段の推移

下記の料金は、ディズニーランド単体の年間パスポートの値段です。2パークの年パスの値段ではありません。

値段上がり幅
1988年25,000円
1992年31,000円6,000円
1996年35,000円4,000円
1997年35,700円700円(消費税up)
2001年40,000円4,300円
2006年45,000円5,000円
2011年52,000円7,000円
2014年53,000円1,000円(消費税up)
2015年59,000円6,000円
2016年63,000円4,000円
2018年61,000円-2,000円
2019年62,000円1,000円(消費税up)
2020年68,000円6,000円

年間パスポートは今回が一番大きな上がり幅ではないですが、それでも6,000円も値段が上がっています。

年パスができてからは、約270%も値段が上がっています。

なお、2018年に年間パスポートの値段が下がっているのは、年間パスポートが使用できない日が設定されたからだと思われます。

1dayパスも年パスもなかなかの値上がり具合ですね!

値上げ理由は価値向上?利益追求? 

報道されている値上げ理由に関しては、「新しいアトラクションの導入やスタッフの教育などで価値の向上に努めてきたので、それに見合った料金に改定します」となっています。

そりゃそうですね。ディズニーリゾートは常に新しいものを作り続けています。

そして、パークのスタッフの教育も素晴らしいと評判が非常に高いですよね。

そこには莫大な費用がかかります。定期的にパークのチケットの値段が上がっているのもそのためでしょうね。

そして、もう一つは利益の追求ですね。

夢の国ではありますが、株式会社として運営している以上、利益を出し続けなければなりません。

利益が出せなくなると、パークは潰れてしまいます。設備投資・教育投資に莫大な費用を使うのと同時に、利益を確保する上でも値上げは致し方ないことです。

2020年4月からのパークチケット価格全紹介!

2020年4月からの東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのパークチケット

(チケット価格:引用>>オリエンタルランドIRニュース)

2020年4月1日の購入分から、上記の表の価格になります。

ランド、シーの価格が上がっても入場者は上昇する?

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園者数の推移

(パークの入園者動向:引用>>2020年1月付IRプレゼン資料)

これだけ開園以来、パークのチケット価格を上げてきたにも関わらず、中長期的に見たら、入園者数は右肩上がりになっていますね。

特にパークの周年イベントの際に、グイグイ入場者数が上がっています!

今回、値上がりしたとはいえ、東京ディズニーリゾートを訪れる方は今後も増え続けることでしょう。

さすが、ディズニーブランドはすごい!

と同時に、常に飽きさせることなく、何十年もリゾート内を進化させ続けている関係者の方々は素晴らしいと思います。

と同時に、年齢関係なく、世界中の女性からキャーキャー言われているミッキーはずるいと思います。(笑)

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事