テスラモデルXのSUV




市川市、お金ありますね!!!

市川市長と副市長の公用車にテスラのセダンとSUVを採用すると決まったようです。

今後かなり議論が巻き起こりそうな気がしますが、市川市民はどう思っているのでしょうか?

スポンサーリンク


-

市川市公用車にテスラ採用のニュース!

千葉県市川市は米電気自動車大手テスラのセダンとSUV(スポーツ用多目的車)の2台を市長、副市長の公用車として採用することを決めた。

現在使用中の国産車と比べ割高だが、環境重視の姿勢をより明確に打ち出す。ただ、自治体が外車を採用するのは珍しく、論議を呼びそうだ。

市は2台のうち1台について、公用車の車種をテスラのSUV「モデルX」(3列6人乗り)に限定し、一般競争入札を今月6日に実施した。

7月から8年間の長期リース契約が条件。車両価格は約1100万円だが、リースは月額13万2千円になる。

現在の車種より月額で約6万8千円高いが、市企画部は「電気代と燃料代の比較などを考えると維持費は安い」と説明する。

もう1台はセダンの「モデルS」(5人乗り)で、後日入札し、9月からリース契約する予定だ。

市は地球温暖化対策実行計画の中で、2025年度に二酸化炭素を13年度と比べ20%削減する目標を掲げている。

電気自動車は「市が率先して対策に取り組む姿勢を示す広告塔の役も担う」(同部)と強調する。

市によると、テスラ車の公用車採用は米国カリフォルニアやマレーシアである。ただ、「高額の外車は市民の理解を得られるのか」という懸念の声は市役所や市議会にもくすぶる。

引用>>朝日新聞デジタル

市川市も思い切ったことしましたね!

確かに市長や副市長と言った行政トップや、企業のトップはある程度、高級車を乗ること自体は私は批判しませんが、

車両価格1,100万円とは驚きです!8年間の長期リース契約で現在のリース契約のほぼ倍の値段がかかるようです。

確かに、環境配慮した電気自動車を市が率先して取り組むのは、非常に素敵なことではありますよね。

ただ、市民としては、ここまでの高額車になると、その環境の部分より、最初に「金額!」がどうしても目入って、環境のことなんて、頭から吹っ飛んでしまいます。

それが、ごくごく一般人の感覚だと思います。

市川市公用車に決まったテスラ車ってどんなの?

テスラ車「Model X」

テスラモデルXのSUV

(Model X:引用>>テスラジャパン

テスラモデルXのホワイト

(Model X:引用>>テスラジャパン

こちらがテスラのモデルXのSUVです。

モデルXのファルコンウィングドア

(ファルコンウィングドア:引用>>テスラジャパン

ドアもSUVでは珍しいファルコンウィングドアになっている車です!

テスラ車「Model S」

テスラモデルSのセダンタイプ

(Model S:引用>>テスラジャパン

こちらがセダンタイプのテスラモデルSの車です。

モデルSの価格

(Model Sの価格:引用>>テスラジャパン

価格が!非常に高額になっていますね!

 

スポンサーリンク


-

市川市民や全国の反応は?

 

この他にもTwitterでは、なかなか厳しいお言葉が飛び交っております!

私も費用対効果が感じられるなら、それでも良いと思いますが、今の報道だけでは、この価格帯の高級外車を公用車にするメリットは感じられないような気がします。

追記:テスラの費用一部を村越市長が負担!給与減額へ!

温暖化対策の一環としてアメリカのメーカーの高級電気自動車を新たな公用車として導入した千葉県市川市の村越市長は、市民から「高額すぎる」という批判が相次いでいることを受けて、リース料金の値上がり分を事実上、自身の給与から支払う方針を固めました。

(中略)

村越祐民市長は1か月のリース料金の値上がり分に相当する8万5000円を毎月の自身の給与から減額するとして、そのために必要な条例の改正案を次の議会に提出する方針を固めました。

また、来月導入する予定だったもう1台の「テスラ」の電気自動車はキャンセルする方針です。

村越市長は、市内での再生可能エネルギーの普及に力を入れていて、公用車のリース料金を事実上、これまでと同じ金額にすることで電気自動車の意義などを議論できる環境を整えたい考えです。

引用>>NHK NEWS WEB

 

この騒動は一体、なんなのでしょうか?(笑)

もはや喜劇です(笑)

スポンサーリンク

 

市川市の他のニュースを読みたい方はこちらです!

市川市のニュースやイベント告知などを紹介しているカテゴリーです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事