楽天ポイントでカード支払い方法のアイキャッチ




みなさん、楽天ポイントの使い道に困ったことはありませんか?そんな時、楽天ポイントをカード支払いの一部にすれば現金の節約になりますよ。

もし楽天市場で欲しい商品がある場合は、楽天ポイントで購入したり、楽天の他サービスで利用することが可能ですよね。

しかし、欲しい商品がなかったり、他のサービスで楽天ポイントを利用する予定がなければ、ポイントを貯めていても仕方ありません…。

そんな時は、意外と貯まるばかりで、使い道に困る楽天ポイントを上手に利用して、現金の節約をしてみましょう。

スポンサーリンク


-

楽天ポイントはカード支払いに充てる方法!

非常に簡単に楽天ポイントを利用して、カード支払いに充てることができるので、楽天ポイントの使い道がない場合はカード支払いに充てましょう。

また、カードを利用しすぎた時など、リボ払いにするのではなく、楽天ポイントで支払うのも便利です。(リボ払いは怖いですから…)

楽天ポイントをカード支払いに充てるには楽天e-NAVIにログインする必要がありますので、楽天e-NAVIにログインしておきましょう。

>>楽天e-NAVIはこちらからどうぞ!

楽天e-NAVIトップ画面

(楽天e-NAVIトップ)

すると、上のようなトップ画面が出てくると思います。次に、青色で囲んである「お支払い(ご利用明細)」をクリックします。

 

お支払いを選択した時の画面

(お支払い(ご利用明細)を選択した時の画面)

さらに上記画像の青枠で囲った「ご利用明細」をクリックしてください。すると次のような単月の利用明細が出てきます。

 

ご利用明細画面

(ご利用明細画面)

ご利用明細画面の右下にあります、ポイントで支払いサービスから、楽天ポイントを利用したカード支払いを行うことができます。

右下の「ポイントで支払いサービス」をクリックしてください。今回は私の1月の明細を利用してご説明します。

 

楽天ポイント入力画面

(ポイント入力画面)

私の1月の楽天のクレジットカードの支払いが約31万円で支払い額が多くなってしまいましたので、少しポイントで支払うことにしました。

貯まっている楽天ポイントはこの時点で約68,000ポイントです。

画面上の青枠で囲んである部分に利用するポイント数を入力し、お支払い予定金額が減っているのを確認して、確認画面へをクリックします。

(利用可能ポイントは会員によって上限数が違いますので、後述の「楽天ポイントを利用する時の注意点」でご確認ください。)

今回は30,000ポイントを利用しようと思いますので、「30,000」と入力し、確認画面をクリックします。

 

確認画面

(確認画面)

すると、ポイント入力画面とさほど変わりませんが、確認画面が出てきますので、支払い予定金額が30,000円減っていることを確認して、申し込むボタンをクリックします。

 

受付完了画面

(受付完了画面)

このような受付完了の画面になって入れば手続き終了です。非常に簡単に楽天ポイントで、楽天カードの支払いをすることができました。

 

楽天ポイント利用後のトップ画面

(ポイント利用後の明細画面)

私の場合も現金の支払いが30,000円減って、285,396円になりました!現金の節約になりました。

ポイントは貯め込んでいても、ポイントの不正利用被害にあったり、良いことはありませんので、上手に利用して、現金の節約にすると良いですよ。

月5回まで楽天ポイント利用可能!

上記の楽天ポイントのカード支払いに充てることができるのは、月に5回が上限とされています。

上記のポイントの支払い方法を5回繰り返せば、現金のキャッシュアウトをさらに抑えることができます。

 

ポイント支払いを2回したあとの明細画面

(最終明細画面)

実際に私も上記の支払い方法を2回繰り返して、60,000円の現金のキャッシュアウトを抑えて、最終的に支払いは255,396円になりました。

ポイントが貯まりすぎている場合には、月5回まで利用可能なので、何度か繰り返して、現金の節約をしましょう。

スポンサーリンク

 

ポイント支払いで対象月に貯めたポイントは減らされる?

楽天カードのポイント還元率は1%です。

私の1月明細の場合315,396円のクレジットカード払いが発生していましたので、3,153ポイントの楽天ポイントが付与されていました。

この支払いの一部を楽天ポイントで行ったわけですから、付与されたポイントが減るのではないかという疑問が湧いてきます。

 

ポイント付与確認画面

(ポイント獲得履歴)

結論を申しますと、ポイントを減らされることはありません。楽天カードを利用して獲得した楽天ポイントは減ることなく、自分の楽天ポイントのままです。

これも非常にありがたいですね。楽天ポイントは付与されたままなので、純粋にポイントを利用して、クレジットカードの支払いを抑えただけということになります!

楽天ポイントに使い道に困ったら、支払いに充てる方法、是非利用してみてください。

楽天ポイントを利用する時の注意点

  • 楽天ポイントは1ポイント=1円として支払うことができます。
  • 楽天ポイントをクレジット払いに充てるサービス利用期間は毎月12日〜20日22時までが受付期間となっています。(一部金融機関を除く)

>>一部金融機関は楽天ホームページで閲覧できます。

  • 先ほども説明しましたが、ひと月に利用できる回数は5回までと決まっています。
  • 会員のステータスによって、1回の利用ポイント数と1ヶ月の利用ポイント上限が違いますので、ご注意ください。
会員種別 1回の利用ポイント数 1ヶ月の利用ポイント上限
ダイヤモンド会員 50〜500,000P 500,000P
ダイヤモンド会員以外 50〜30,000P 100,000P

 

 

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 市川情報へ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事